PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2014年12月07日

つくばでピザを食べたらマジ変な会話になった件について



著作者:Yuri Samoilov

今日はお昼にちょっと理由があってサイゼリアでちょっとピザを食べました。400円のピザです。その時にウェブサイトについてのお話を友人としながら食べていたのですが、そのあとにコストコに行きました。やっぱりグローバルナビゲーションの話題になってしまいました。新しいサイトのグローバルナビゲーションをわたしは10個にしたいのですが友人は少ないほうがいいだなんていうんです。なんてことでしょう。けど10個コンテンツあるわけだし、というか、これから増えるかもしれないし、あとで増やすとなるとサイズとかの問題もあるしめんどくさいじゃないですか。けどまあ6個ぐらいでいいのかなあって思いました。サイトの横幅は900pxあたりから800pxあたりでしょう、と思ったんですけどどうでしょう?900px超えると結構大きいんですよね。ちなみにこのブログをPCで見た場合は748pxです。ほっそりして可愛いでしょ?あらかじめ用意されてるひな形なんだけどね。そんなわけで日が沈んだんです。  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 23:07Comments(0)つくばでパソコン教室

2014年12月05日

つくばに住む赤ちゃんがクオリティー高すぎる理由



いとたかき方の子が降誕する赤ちゃんの季節であることを思いながら思索をしていきたい。思索と言う名の祈りだ。単なる思索は捨てた。大きいな赤ちゃんから小さな赤ちゃんまでなんでも愛そう。わたしも赤ちゃんだった。そのときは金と欲にまみれた大人と違って無垢だったのだ。そんなわけではなかった。わたしは物心ついたら、ねじれて素直でもなかった。しかし物心つく前はどうだったろう?いと高き方の子がわたしに語り掛ける。すべての人に語り掛ける。ひびきわたっている。その声がつくばにも届いていることを忘れてなんかいない。わたしは思う

マルコ10章14節
イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた、「子供たちをわたしのところに来させなさい。止めてはならない。神の国はこのような者たちのものである。 15 あなたがたによく言っておくが、子供のように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに入ることはない」  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 17:40Comments(0)聖書の聖句

2014年12月04日

つくばでクリスマスの飾りつけを絶対しなくてはいけない理由


今日はクリスマスの飾りつけをした。折り紙を折ったりした。2000年前に乙女マリアに聖霊がくだり、神の御子イエスが宿ったときにマリアは喜んだのではなく戸惑ったのだった。飾りつけをするときに忘れてはいけないのは、冗談交じりに笑ったあの創世記のサラのように冗談が奇跡として成って、嘲笑が喜び笑いになったことさ。いやになるぐらい何度もわたしが日常に埋没しても、確実におこる奇跡を笑ってはいけないのさ。忘れてはいけないのさ

へブル11章(新共同訳)
1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。 2 昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。 3 信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。

6 信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 23:47Comments(0)茨城県つくば市の教会にて

2014年12月04日

つくば大学の宿舎に住んでいる人がブログをしなくてはいけない理由



ブログを放置する人をよくみかける。しかしネコを撮ればいい。平砂宿舎にも追い越し宿舎にもネコがいるんだから。とらないわけにはいかない。  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 02:16Comments(0)