2014年06月10日

誘惑されたらあかんねんで!!!!!!!!

木曜訓練に与えられた御言葉。

創世記
05:21エノクは六十五歳になったとき、メトシェラをもうけた。 05:22エノクは、メトシェラが生まれた後、三百年神と共に歩み、息子や娘をもうけた。 05:23エノクは三百六十五年生きた。 05:24エノクは神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった。



創世記を読む。エノクについて。

エノクは死ななかったんやて。

主とともにつね~に歩んだんや。つね~に。

たぶん、気ぃゆるめんかった・・・・ちゅーことやろな。

気ぃの「ぃ」は上にあげる。

気ぃをゆるめんって言っても修行みたいなんちゃうんで。

街中歩いてて、誘惑されるやん?

心がボヤボヤしてるし。ハッ!って気づくやん。

けどだからってムキーってなってたとは思わんのよ、エノクが。

こう、なんていうのかな、景色とか目に見える情景やなくて、主と対話するときの言葉が、こう、埋めてたんやと思うんよ。

目の前を?

色あせた防護してる柵とか壁に貼ったピンナップみたいなのとかふいに聞こえる市民のうふふ声とか。

そういうんじゃなくて。

うん。こう、宙に浮いてる感じで文字と言葉が。

だから、今日もゆるめっぱなしのわたしを主よ憐れんでください、アーメン。

  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 11:02Comments(0)茨城県つくば市の教会にて