PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2014年12月20日

つくばの水はやがて無くなることが発覚!!(bibleより)



研究学園の生活さんのブログにも書いてる!。偶然わたしも昨日ピーシーデポ裏側にある「葛城水辺公園」を通ったのだ。で、たまたま、うん、公園ができてる。と思ったのだ。というか昨日ではなくここ最近あそこらへんの道を通っている。具体的に言えば、ステーキ宮とスターバックスとコストコをつなぐ三角形の中にあるごちゃごちゃした道を、よくとおってる。ここを通れば近道になるんじゃない?と思っていろいろ試すんだけど、結局のところ、道がグネグネ曲がりすぎてて、大通り通ったときとそんなに変わらない。自転車ならわからないけど、わざわざ自転車に乗ってコストコに行きたくない。何分かかるんだろう。それはそうとあそこの水辺周りの道をもうちょっと直線にしてほしいものです。そうすれば近道になるような気がする。というか近道と言うかあそこは保養施設的なものになるということなんだろうか。つくば市長に聞いてこよう。


水といえば、聖書によくモチーフになる。渇くことのない水。。。サマリアの女の箇所のところとか印象的です。サマリアの女の「井戸」ですね。リベカの「井戸」でもあります。村上春樹もよく「井戸」をモチーフにしてる。たぶん聖書からとったんだろう。羊をめぐる冒険も、仕事を全部やめて(ペトロ?)、失われた羊を探すために出かけるのでありました。井戸はわたしたちにとっていつでも何かしら魅力的。あなたにとって、しかるべき、時期にかなったときに、立ち現れる、サマリアの女のような、井戸の出会いはいつとなるでしょう?

そして聖書によると、水はやがて干上がります。やがて地も消滅します。そういうわけで兄弟たち、あなたがたにすすめたい、今こそ、渇く水ではなく、世々限りなく続く永遠の命の水にあずかろうではありませんか!(パウロの書簡風)

ヨハネによる福音書6-35
「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 21:08Comments(0)つくばの公園

2014年12月12日

つくばの光の森ってキレイすぎるよね



著作者:heroturko

つくばセンターを歩いていたらとにかく寒いのがいいなと思って楽しんでたんです。あの枯木にイルミネーションつけてて、枯木に光をくっつけて幻想的な空間ができてるあの感じ良いですね。ゆっくりうつっていくライトオンの雪の結晶のネオンもいいし、ピカピカまたたいてるネオンもあるけど、だた静止して光ってるネオン群もけっこうこころ落ち着いて好きです。

創世記 1章 3~5節
神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 19:49Comments(0)つくばの公園

2014年09月20日

そういうことだったのか・・!つくばの公園(゚Д゚;)



この女をよくみておくんだ、本当のオデットはここにいるんだよと、あの本を読んだ直後に、やつとお手手つないで、研究学園都市駅前の公園に行ってきた。ザリガニがいました。そのザリガニがこの公園にとっていかなる機能を演じるのかはとりあえず問うのはやめよう。わたしはそのザリガニを見ながら食べたくなったのだ。日本ザリガニなのかアメリカザリガニなのかわからなかった。ちくわとかカマボコをあげれば釣れるらしい。今度わたしも釣ってみよう。そして食べてみようだなんて私の人生で一度も考えたことがなかったのに、唐突にこんなことになってしまって、いったいこれはなんだ、と思う。とにかくここの公園は管理がよくていい。ザリガニばんざい!。

  

Posted by 山田ランペイジ由香里 at 00:01Comments(0)つくばの公園